スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

(ミニロト的中攻略法)宝くじロト系で1000万円当選法

ロトには、ロト6とミニロトがあるのですが、



ロト6の始まりは2000年なのに対し、



ミニロトはロトより一年早い1999年から開始されており、



これを回数にするとおよそ60回もミニロトの方が多く実施されています。



つまり、ミニロトの方がロト6よりも分析データが多く存在しており、



ロト6よりも出目の傾向が深く研究されているのです。






また、ロト6では、43個の選定数字の中から6つの数字を当てなければならないのに対し、



ミニロトは31個の選定数字で5個当てれば1等当選になります。



一等が当たる確率にすると、ロト6は600万分の1、



ミニロトはたった16万分の1となり、



当選確率は何と37倍も違ってきます。






ロト6の場合だと、1等の当選金額が1億円と大きいのですが、



確実に1000万円を当てるためには上記の理由により、



ロト6ではなく、ミニロトでなくてはならないのです。





私は「おつりdeロト1000万円当せん法」の作成を行ったのですが、



正直に申し上げると、この方法さえ知ってしまえば、



本当に誰でも簡単に年収1000万円を達成できてしまいます。



ミニロトもロト6も基本的な方法は一緒だと多くの専門家が口にしていますが、



実際はそうではありませんでした。






過去のデータを見比べると



明らかにミニロトにしか見られない特色が存在しており、



これは、どの専門家も気づいていないミニロト当選の鍵となる事実です。





この法則を知らないままにミニロトをするのは、



お金をドブに捨てる行為と全く一緒です。




この方法は、ロト6では通用しません。






過去のデータを分析し、どのような方法で数字を選べば



当たるのかという事を、細かく解説しています。



数字の選び方に関しても一から解説していますので、



全く数字の選び方が分からないという方でも簡単に出来る内容になっています。



正直、このデータを出していいのか非常に悩みました(笑)





1~31の選定数字の過去出現傾向を分析し、



徹底解説した極秘データを記載しています。





このデータを知るだけで当選確率は大幅にアップしますし、



選んではいけない数字、選ばないといけない数字がハッキリと見えてきます。





過去に、ここまで分析されつくされたデータはないと言っても過言ではないでしょう。





これが、ロトの神様である渡邊高伸が隠し持っていた





「おつりdeロト1000万円当せん法」です。





この方法を使うと、ギャンブルと比べて1000万円を目指すのは圧倒的に簡単なのです。





あなたもこの方法を知れば、「やったー! これで年収1000万円クラスだ!」と、



子どものように喜べる事は間違いありません。





【続きはコチラ】

スポンサーサイト
19 : 43 : 47 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://mbvxnjgf.blog74.fc2.com/tb.php/701-45b3be78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

jyyf

Author:jyyf
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。